システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > スポンサー広告> セキュリティ > [ニュース] 『HDDからデータを復旧できた台数は年間4万8000台』、 業界団体が調査結果を公表
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「HDDからデータを復旧できた台数は年間4万8000台」、業界団体が市場規模の調査結果を公表というニュースがありました。
 データ復旧の業界団体である日本データ復旧協会は2010年10月21日、国内で発生する「HDDのデータ復旧依頼台数」や「復旧できた台数」といった市場規模の調査データを公表した。それによると、2009年1月~12月における国内のHDD復旧依頼台数は約6万台で、そのうち実際に復旧できた台数は約4万8000台だという。

『復旧率(80%)』という係数を用いて試算しているようですが、この数値は高い?低い?
HDD などの記録媒体の密度がどんどん高くなっており、最近では、1デバイスで「3TB」もの容量をもったハードディスク(HDD)や、TB単位の容量をもつUSBなどの半導体メモリも登場しています。

残り容量を気にせずなんでも記録でき便利な半面、クラッシュなどの問題が起きた際のリスクや失うデータ量も、非常に大きくなっています。

電子書籍・電子カルテ・電子証券など紙の情報の電子化が進んでいるため、いわゆるコンピューター以外における影響も日増しに大きくなっています。

【参考】
3.5インチHDD
・Western Digital「Caviar Green」|容量3TBのUSB 3.0外付けHDD
 Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2TB 64MB SATA/3.0Gbs WD20EARS

2.5インチHDD
・Seagate「1.5TB FreeAgent GoFlexウルトラポータブル・ドライブ」|世界初の2.5インチ型1.5TB携帯型HDD


過去に不慮の事故で痛い目を見た方であれば、その対策もされているかと思いますが、個人であれ邦人であれ対応策をあらかじめ用意しておくことは、事業継続性からも重要です。

日常のバックアップを基本に、万が一の際にすぐ対応出来るように『データ復旧 サービス』などを確認しておくとよいでしょう。
関連記事

関連PR

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/10(木) 12:25:27 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/24(木) 21:16:38 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/08/18(木) 14:48:30 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/27(水) 06:50:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://admsystem.blog88.fc2.com/tb.php/43-633e3ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。