システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > スポンサー広告> サービス > Wayback Machine : 過去の膨大なWebデータをアーカイブ提供
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webアーカイブサービスについて、既に利用したことのある方も多いかと思いますが、それでも「昔のホームページの内容を観ることができないだろうか」という意図の質問を受けることが多いため、今回あらためて紹介しておこうと思います。

 参考になる情報をWeb上でみつけた時など、とりあえずページのURLだけ’お気に入り’などに登録しておき、後日あらためて観に行くこともあるかと思います。ところが、実際に見に行ったときには、すでにインターネット上から削除されていたり、内容が更新されていたりということがあります。

 ページが削除されてまもない場合などは、検索エンジンのキャッシュで内容を見ることができますが、’更新前のページ内容がみたい’という時などは、うまく意図した内容で閲覧ができるとは限りません。

 過去の特定の時期のWebページ内容を見たいときには、インターネット上の情報を収集して保存するWebアーカイブサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

 大規模かつ有名なWebアーカイブサービスは、米国の非営利団体Internet Archiveの「Wayback Machine」があげられます。

Wayback Machine Wayback Machine results

使い方はとても簡単。ページ上部の検索窓に目的のURLを入れるだけです。

 Internet Archiveは1996年、ディジタル・アーカイブを推進する米国の起業家、ブリュースター・ケール氏によって創始されました。その目的は「人類の知識と遺産を保存してそのコレクションを公開する」とのことです。

 Internet Archiveでは検索エンジンと同じように、プログラムを使ってインターネット上のWebページを自動的に収集しています。現在,保存しているWebページの数は850億ページ以上に達するそうです。

 とはいえ、今までに存在した全てのページがWebアーカイブに保存されているわけではありません。また、検索にはそのWebページのURLが必要となります。

関連記事

関連PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://admsystem.blog88.fc2.com/tb.php/27-31e6dce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。