システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > スポンサー広告> ソフトニュース > 「自動更新」機能によるInternet Explorer 7 自動ダウンロード開始
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先に『IE7を日本のユーザーに誤って自動更新で配布, マイクロソフト』の中でも一部ご紹介したとおり、Internet Explorer 7(以下、IE7と言います)の配布が日本でも開始されます。

マイクロソフト社では、IE7を優先度の高い更新プログラムとして、自動更新機能、Windows Update サイト、および Microsoft Updateサイトを通して、2008年2月13日から配布を開始します。(Windows XP用/Windows Server 2003用)

[2/13追記]:MicrosoftからのIE7登録日は、2/12付けとなっていました。(米国時間ということでしょうか!?)

 今回の自動更新では、ユーザがIE7をインストールするかどうかの選択ができます。しかし、ユーザが不用意にIE7のインストールを選択してしまうと、従来に比べ、IE7未対応のシステムに影響を及ぼす可能性があり、対策としてIE7のインストールを避ける方法もマイクロソフト社より公開されています。

IE7の導入に当たっては十分留意し、夫々の環境での検証作業や対応準備が整うまでの間、IE7の自動ダウンロードを延期しておくべきでしょう。以下の方法で対処ができます。

影響範囲


Windows XPまたはWindows Server 2003上でIEを実行するシステムにおいて、「自動更新を使用」かつ「IE7未適用」の場合、IE7が自動的にダウンロードされ、システムの対応が完了する前に不用意に適用してしまう恐れがあり、システムによっては、正常に動作しなくなる場合があります。

対処方法


 自動更新機能の設定を確認し、設定が「自動更新を無効にする」以外の設定である場合、以下の1)~4)のいずれか、もしくは複数の方法で対処します。

1)IE7の「Blocker Toolkit」の適用

 「Blocker Toolkit」によりIE7の自動ダウンロードをブロックすることが可能です。Blocker Toolkitは、以下のサイトからダウンロードしてください。このブロックでは、 ユーザがブロックを解除しないかぎり、永続的にブロックすることができます。

マイクロソフト社サイト
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=4C12D92F-808D-4C21-96CA-DC191A0A8E41&displaylang=ja

 このツールは、IE以外の更新プログラムはブロックしないため、セキュリティ上有効ですが、Windows Updateに直接アクセスしたり、Windows Software Update Service(WSUS)を使っている場合などは、ブロックしないケース*があります。

* 自動更新およびWindows Update/Microsoft Updateからの「高速インストール」オプションを介した、優先度の高い更新プログラムとして「Internet Explorer 7」が出てくることを回避できるだけなので、その点だけは要注意。(選んでインストールは、引続き可能)

2)Windows Software Update Serviceを利用

 サーバ上にWSUSを構築することにより、更新プログラムの展開を詳細に管理することができます。割と簡単に構築できますので、未導入の環境ではぜひ試してみて下さい。

マイクロソフト社サイト(自動翻訳)
http://support.microsoft.com/kb/946202/ja

3)管理権限ユーザーでログインしないようにPCを設定

 ローカル管理者ではないユーザには、更新プログラムが提供されないため、自動更新機能による自動ダウンロードはありません。

4) 自動更新が通知された場合、IE7のインストールを拒否

 上記1)~3)の対処が実施できない場合は、「IE7のようこそ画面」が表示された際に “インストールしない”を選択します。

適用してしまった場合の対処方法



 以下の情報を参照になり、手順に従ってIE7をアンインストールしてください。




関連リンク


関連記事

関連PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://admsystem.blog88.fc2.com/tb.php/19-252fa8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。