システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > スポンサー広告> ソフトニュース > IE7を日本のユーザーに誤って自動更新で配布, マイクロソフト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動更新機能によるInternet Explorer 7の予定外配信に関して



 この問題は、マイクロソフトが2007年10月5日、日本のユーザーに対してWindowsの自動更新でInternet Explorer 7を誤って配布してしまったことを明らかにしたものです。

影響を受けるウィンドウズのバージョン :Windows XP SP2 及び Windows Server 2003 SP1以降

影響を受けるインストール方法 :自動更新, Windows Update, Microsoft Update, Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) を使用した自動更新



 マイクロソフトでは日本語版の IE7 の自動更新機能での配信開始を 2008 年以降に予定しています。

しかし、10月4日(米国時間)に主に欧米ユーザー向けのIE7の新バージョンがリリースされ、その際にマイクロソフトの設定ミスで日本が含まれました。
そのため、10 月 5 日に自動更新を含めたアップデートサイトに日本語版 Internet Explorer 7 が公開され、一部ユーザーにインストールされてしまったものです。

この公開については予定外の配信であり、現在、すでに自動更新機能による配信を停止しているとしています。



 対象バージョンのWindows利用者については、自動更新の機能によって IE7 のダウンロード/又はインストールが完了しており、希望しない場合には次の方法で中止またはアンインストールを実施するようにアナウンスしています。

 具体的な方法と、アンインストールによる不具合対応については、次のとおりです。

  • インストールの中止方法

  • アンインストールの方法

  • http://www.microsoft.com/japan/windows/downloads/ie/au.mspx



  • IE7のアンインストールによって発生する可能性がある問題について


  • http://www.microsoft.com/japan/windows/downloads/ie/au2.mspx



  • InternetExplorer 7 Blocker Toolkit について

  • また、企業向けに自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit)を提供しており、これを配布して実行することで、Internet Explorer のインストールを防止することが可能です。

    Internet Explorer 7 Blocker Toolkit のダウンロード
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=4C12D92F-808D-4C21-96CA-DC191A0A8E41&displaylang=ja

    関連記事

    関連PR

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://admsystem.blog88.fc2.com/tb.php/15-6cc9f2a9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。