システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > 2008年01月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先に『IE7を日本のユーザーに誤って自動更新で配布, マイクロソフト』の中でも一部ご紹介したとおり、Internet Explorer 7(以下、IE7と言います)の配布が日本でも開始されます。

マイクロソフト社では、IE7を優先度の高い更新プログラムとして、自動更新機能、Windows Update サイト、および Microsoft Updateサイトを通して、2008年2月13日から配布を開始します。(Windows XP用/Windows Server 2003用)

[2/13追記]:MicrosoftからのIE7登録日は、2/12付けとなっていました。(米国時間ということでしょうか!?)

 今回の自動更新では、ユーザがIE7をインストールするかどうかの選択ができます。しかし、ユーザが不用意にIE7のインストールを選択してしまうと、従来に比べ、IE7未対応のシステムに影響を及ぼす可能性があり、対策としてIE7のインストールを避ける方法もマイクロソフト社より公開されています。

IE7の導入に当たっては十分留意し、夫々の環境での検証作業や対応準備が整うまでの間、IE7の自動ダウンロードを延期しておくべきでしょう。以下の方法で対処ができます。
[「自動更新」機能によるInternet Explorer 7 自動ダウンロード開始]の続きを読む
スポンサーサイト

ブータブルCDを起動するだけでWindowsユーザーのパスワードを自動解析



システム管理者を長くやっていると、新旧様々なPCやサーバーを管理することになりますが、必ずしも導入時から関わっている訳ではありません。 通常、管理に必要なユーザーIDやパスワードといったものは厳重に更新・管理され、前任者からも引き継がれますが、中には管理権限ユーザー(Administrator等)のパスワードが分からない物も出てきてしまいます。

中のファイルを参照したり取り出すだけならば、CDブート可能なLinux等を使って起動の上、ファイル操作をすれば大概の事はできますが、どうしても管理権限ユーザーで起動の上で操作したい時もあります。

そんな時、機械上に残されたファイルからユーザーIDの抽出やパスワードの解析をしてくれるのが、『Ophcrack Live CD』です。

Ophcrack Live CD

Ophcrack 公式サイト
Ophcrack Live CDダウンロードサイト

このツール、『Ophcrack Live CD』では、全てのパスワードが解析出きる訳ではないようですが(15桁以上のパスワードを使用している場合など)、多くの場合で手助けしてくれます。
[Ophcrack Live CD - パスワードがわからない機械で解析]の続きを読む

システム管理者をやっていると、OSやアプリ、PCやサーバーのドライバ類、周辺機器のインストールディスクなど、管理すべき光学ディスク・メディア類は相当な数です。

ところが、オフィス系アプリのメディアなどは、機能追加やアップデート時など頻繁にディスクを使用するため、丁寧に取り扱っていてもちょっとしたことで傷を付けてしまうことも多々あります。
特に光学ディスクは、盤面に傷が付いたりすると正常に読み込めなくなり、「巡回冗長(CRC)検査エラー」といった読取エラー表示に出くわした経験がある人が多いかと思います。

ネットからダウンロード可能なファイルならば問題ありませんが、入手が困難なファイルだったり、OSやアプリのディスクなどは、最悪、メディアディスクの際購入が必要なケースもあります。

そんな時、破損した光学ディスクなどのメディアから強力にファイルを取り出してくれるのが『CD Recovery Toolbox Free』です。

またこのツール『CD Recovery Toolbox Free』では、ディスク全体を救出するだけでなく、フォルダ単位での救出も可能なため、どうしても時間がかかるファイル吸出しの作業でも、ファイルやフォルダを指定することで作業時間が短縮できます。
(ファイルの吸出しが必要な時は、多く場合が急いでいる時ですから。)

cdrecovery_page01normal
[CD Recovery Toolbox Free - 読取エラーのCD/DVDからファイルを吸出し]の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。