システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > 2007年11月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフィカルにパーティションの作成や領域サイズの変更などが行えるパーティショニング・ツール。


企業で沢山のPCを管理していると、どうしても新旧世代の異なるPCを扱うことになります。最近のものは平均して結構高速なので、多少古くなったといえ、まだまだ現役で利用できるものが殆どです。


しかしながら古いPCでは、起動用のシステムドライブとその他データドライブの領域分割が、現状には合わないものもあります。

 具体的には、起動用ディスク(通常はC:でしょうか)の要領が少ないゆえに、ブラウザの一時ファイルの増大、スワップ領域の拡大、大きすぎるプログラムのインストール(Office系ツールなど)で、システムドライブはあっという間に要領不足⇒パフォーマンス低下⇒結果としてユーザーから『遅くて使えない』と評価されてしまったりします。


そんな際に利用するのが、パーティショニングツールと呼ばれる類のツールですが、Windows標準の機能などでは、HDDを一回フォーマットしないと、分割などの処理ができません。 

有償のツールでは、「Partition Magic」「PowerX Partition Manager」「Acronis Disk Director Suite」「LB パーティションコマンダー」など高機能なものが数多く出されていますが、保守系ツールの購入には理解の得られないことも多く(何で必要? 使う頻度は? など等)、それほど高価ではないのに導入が難しいツールだったりします(苦笑)。



そんな時に利用できるのハーティショニングツールで、グラフィカルにパーティションの作成や領域サイズの変更などが行える 『QTParted』を 今回は紹介します。

本家 : http://qtparted.sourceforge.net/
説明 : QTParted is a Partition Magic clone written in C++ using the Qt toolkit.
QTParted_1

[QTParted - GUIパーティション操作ツール(分割・統合・サイズ変更他)]の続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。