システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > 2007年10月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動更新機能によるInternet Explorer 7の予定外配信に関して



 この問題は、マイクロソフトが2007年10月5日、日本のユーザーに対してWindowsの自動更新でInternet Explorer 7を誤って配布してしまったことを明らかにしたものです。

影響を受けるウィンドウズのバージョン :Windows XP SP2 及び Windows Server 2003 SP1以降

影響を受けるインストール方法 :自動更新, Windows Update, Microsoft Update, Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) を使用した自動更新



 マイクロソフトでは日本語版の IE7 の自動更新機能での配信開始を 2008 年以降に予定しています。

しかし、10月4日(米国時間)に主に欧米ユーザー向けのIE7の新バージョンがリリースされ、その際にマイクロソフトの設定ミスで日本が含まれました。
そのため、10 月 5 日に自動更新を含めたアップデートサイトに日本語版 Internet Explorer 7 が公開され、一部ユーザーにインストールされてしまったものです。

この公開については予定外の配信であり、現在、すでに自動更新機能による配信を停止しているとしています。



 対象バージョンのWindows利用者については、自動更新の機能によって IE7 のダウンロード/又はインストールが完了しており、希望しない場合には次の方法で中止またはアンインストールを実施するようにアナウンスしています。

 具体的な方法と、アンインストールによる不具合対応については、次のとおりです。

[IE7を日本のユーザーに誤って自動更新で配布, マイクロソフト]の続きを読む
スポンサーサイト
Graphical ping tool

10台のサーバをPingで監視するグラフィカルな管理ツール

ネットワーク上のトラフィック量やポートの使用状況、機器の詳細な情報を得るには、その多くが管理プロトコルであるSNMPによって行われます。
しかしながら、もっと手軽にネットワーク機器の死活状態を調べたり、反応速度を調べたりして、トラブルシュートを行いたい時もあります。

そんな時に、Windows上でも気軽に使えるフリーソフトとして紹介するのが、「MultiPing Grapher」で、10台までのネットワーク機器をPingで監視するグラフィカルな管理ツールです。

CCSchmidt Software - Network Monitoring Software and Utilities
http://software.ccschmidt.de/
multipinggrapher01
[MultiPing Grapher : Pingによるネットワーク管理・死活監視]の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。