システム管理に使えるツールやソフトで、オープンソースソフト(OSS)やフリーソフトを中心に、便利だと感じて実際に使用しているものを紹介します。
トップ > 2007年06月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Microsoftは30日、「Outlook Express」やWindows Vistaの「Windows Mail」の後継となるメールクライアントソフト「Windows Live Mail」のベータ版を公開した。Windows Vista/XPに対応しており、日本語を含む6カ国語版が利用可能。同社サイトより無料でダウンロードできる。(出典:INTERNET Watch)

 本ソフトは、メール、RSS、ネットニュースの機能が統合されており、迷惑メールのフィルター機能も備えている。これまで次期メールソフトとしてベータテストが続けられていた「Windows Live Mail desktop」との主な違いは、利用にWindows Live IDが不要となり、ソフト上へ広告が表示されなくなったこと。(出典:窓の杜)



まだベータテストという「Windows Live Mail」ですが、早速テスト利用してみました。


Windows Live Mail Beta
[「Windows Live Mail Beta」:Outlook Expressの後継メーラーをリリース]の続きを読む
スポンサーサイト

WindowsからSSHサーバーへリモート接続



クライアントのWindowsマシンから、離れた地点にあるLinuxサーバーなどにリモート接続する際、必要となるのがターミナルエミュレータと呼ばれるソフトです。

今回は紹介するのは、筆者がお気に入りの「Poderosa」(ポデローサ)です。Poderosa は、タブ式 GUIを持ち、プラグインで機能拡張ができるオープンソースの Windows 用高機能ターミナルエミュレータです。

poderosa

poderosa options


同種の Windows 用ターミナルエミュレータとしてはたとえば TeraTerm、Putty が有名ですが、Poderosa は主に次のような特徴があります。



[Poderosa : Windows 用高機能ターミナルエミュレータ]の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。